スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はぁ…職場編。


当然の事ながら職場も酷かった。


rps20120929_201943_055.jpg

電線は切れていないが、電柱が倒れた。

rps20120929_202009_492.jpg

ハウスのビニールが飛び…。

rps20120929_202025_619.jpg

パッションフルーツの棚がぐらぐら。

rps20120929_202044_849.jpg

大きな株のランタナが完全にひっくり返っていた。

rps20120929_202102_523.jpg

森の中は生木がバキバキと倒れ、どうすんだ状態。

この復旧は時間がかかるだろうな。










スポンサーサイト

お風呂場の窓から。

唯一外が見えるお風呂場の窓から外の様子を見てみました。

rps20120928_090825_147.jpg

バナナ…。

こりゃ、もたないな。

まだ暴風域じゃないからそんなに凄い光景でもない。

rps20120928_090917_458.jpg

その後、お風呂場に避難中のハクポポと遊びました。

モフモフ。





水草。

昨日のコメント欄で書いていたガガブタその他についてですが、文章だけじゃわかりにくいので写真付きで書いておきます。



ガガブタ(ニムフォイデス)は日本で言えばジュンサイの仲間です。

職場にはニムフォイデス4種類を持っていますが花の大きさや葉に入る模様が違います。

このガガブタはタイ産の茎を食用にする種類、美味しいらしいです。



花は水上葉の付け根から花芽が上がります、花芽があがればだいたい発根もしています。

茎を切っても枯れません。

これを浮かべて私は使っています。

小さなグラスに浮かべてもかわいいです。



栽培は池などかあれば簡単ですがなかなか無いと思います、睡蓮鉢でも簡単に栽培できます。

土が赤玉土だけでかまいませんが、土を入れる前に油粕を数個いれましょう。

無ければニボシでも大丈夫です。



次にオモダカについてです。

私が育てているのはヘラバオモダカとホソバオモダカの2種、詳しい資料がないので正式和名かどうかは不明。

カエルや熱帯魚のレイアウトに使うのはヘラバの方です。



ヘラバはある程度成長すると花を咲かせます、そしてその花茎から子株が写真のように出てきます。

この子株を使うので種でしか増えないホソバは使いません。

でも、ホソバの水中葉状態のものを熱帯魚屋でよく売っています。



これくらいの子株を浮かべて使います、熱帯魚の場合は植えても良いですが環境が合えば巨大に成長します。

浮かべておけばあまり成長しないのでその性質を利用します。



最後は内地では少し難しいかもしれないネッタイスイレンです。

美しいスイレンは好きな方も多いです、大きく分けてネッタイスイレンとオンタイスイレンがあり水槽に使うのはネッタイスイレンです。



ネッタイスイレンにはムカゴ種と呼ばれるムカゴで増える種類があります。

というかメジャー種がムカゴ種多いのでホームセンターで売っているような種類はたぶんムカゴで増えます。



葉から離れたムカゴはミニチュアスイレンなのでこれを浮かべて使います。

水中葉が美しいスイレンもあるので植える水草としても人気があるみたいです。

熱帯魚屋で見る限りお高い草ですね。

以上です、文章だけよりはわかりやすくなったと思います。










美味しそう。

ふむ、ヘビのカテゴリーを作るべきか…。

バイカダしか飼うつもりは無いからな。



とりあえず仮セッティングしました。

とても単純です。



今日は暖かかったのでとても攻撃的でバンバン飛んできました。

おもしろい。

この感じなら餌食うかなと思い、ヤモリを入れました。



どのくらいのヤモリまで食えるのかな?

とにかくプリプリしたヤモリは美味しそうに見えるという特性を得ました。

結局まだ餌は食べていません。





ヘビ。

ガブーッ!



ガブガブ。



石垣島でもかなり珍しいヘビのサキシマバイカダとひさしぶりに遭遇しました。

なんとも美しいヘビです。

マダラを極限までシャープにした感じです。



サキシマバイカダはトカゲ食いのヘビ。

ピンクマウス無しで飼えるのです、ウズウズ…。

餌になる壁チョロは腐るほどいるので問題無し…、ウズウズ。

ウズウズするので嫁さんに飼って良いかを聞いてみた(ヘビはブリ家では飼育禁止)。

絶対に逃がさない、もし逃げたら二度と飼わせないという約束でOK。

ヤッター。

どんな環境で飼おうかな。

明日セッティングしよ。








プロフィール

ブリッキーヌ

Author:ブリッキーヌ
ある時は、ネイチャーガイド またある時は、トウガラシ農家またまたある時は、庭園管理人 そして、普段は爬虫類と植物をこよなく愛する三児の父。 風貌や職業から、よくアウトドア派と思われるが実はずっとRPGのレベル上げしてたいくらいのインドア派。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。