スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけました蟲。

ワラワラ蟲達。



ジャイアントミルワーム、通称ジャイミル。

購入時に成虫は寿命短いと聞いていたが、すごく長生き。



今のところ餌に使う予定はなし。

こいつのおかげで自分の中のウネウネ属性が目覚めた。



こちらは普通のミルワーム。

夏場はバテていたが、冬になってから勢いがあがってきました。



ホソワラジムシ、帰化動物だけど生まれたてのトカゲの餌に最適。

暑い夏場は苦手。



かわいらしい謎ダンゴムシ。

かたちはネッタイコシビロに似ているが平地で生活してる。






番外編エビちゃん。



だいぶ数が減ってしまった。

難しいエビだ。





以上現在飼育中の生き物紹介でした。

さて寝よう。







スポンサーサイト

あけましたゴキブリ。

日本一嫌われる美しい虫、ゴキブリ団。



餌ゴキブリの代表格、デュビア。

現在4ケースで飼育繁殖中。

去年はたいしたトラブルもなく良いバランスで繁殖しました、この好調は維持したいところ。



においと見た目から飼育者からも敬遠されるレッドローチ。

初見は抵抗があったけどすぐに慣れました、においもほとんど気になりません。

床材に上手いことバクテリア的な何かが繁殖したのかもしれません。

私はめったな事で床材は換えないです。

最初に見た目とにおいさえ気にならなければその繁殖力はかなり頼りになります。



髭おじさんのオレンジヘッドローチ。

飼育イメージは壁を登らない大きなオガサワラゴキブリ。

幼虫のかわいさはトップクラス。



ブラベルスアトロポス。

ブラベルスの仲間は美しいものが多いです。

でも共感を得られる事はほとんどありません。



ブラベルスコロッセウス。

アトロポスに似てますが幼虫に美しい模様があります。

胸がおにぎりに見えて仕方ないです。



カブトガニゴキブリ。

重量感があるけどカサカサ感がある不思議なゴキブリ。

環境が安定するまでなかなか繁殖しないが増え始めると早い。

好き嫌いが別れる種類だと思う。

私は大好き。

お前何でも大好きだろというツッコミは受け付けません。



エビみたいなドワーフヒッシングローチ。

壁さえ登らなければ1番のペットローチなのにと思う。

大きすぎないサイズも明るい体色も素晴らしい。



安価な値段と大きなボディ、ズシリとくる重量感。

マダガスカルゴキブリ。

ホラー映画などにも出演するゴキブリ界のカリスマ。

でかい♀個体などは惚れ惚れと見とれてしまいます。



私が初めて餌ゴキブリとして飼い始めた種類、通称オギー。

石垣島では普通種。

壁登り以外は飼いやすさ繁殖力ともに問題なし。

餌としては潜り癖が厄介ではある。




ドミノローチは現在卵鞘。


以上ゴキブリ団。








あけましたカエルとヘビ。

ケロケロ団。



ナンブヒキガエル現在4匹。

秋頃から急に太り始めました。



ヨーロッパミドリヒキガエル2匹。

綺麗なカエルです、何匹でも飼いたい。



テキサスミドリヒキガエル4匹。

全部♂だと判明。

今度帰郷した時には♀を探したいな。



ウキウキウッキー、ウキガエル。

かわいい、大好き。

何とか繁殖してくれないだろうか…。



アルビノツメガエル3匹。

暑さに弱いらしく寒い最近はすこぶる好調。

水風船みたいになってた病気も良くなってます。



以上ケロケロ団。


ヘビ。



サキシマバイカダ。

餌はヤモリ、意外なほどでかい獲物も食べます。

初めてのヘビ飼育なので手探り状態です。



以上ヘビ。







あけましたカメ。

カメカメ団。

水陸ごちゃ混ぜ。



ヤエヤマイシガメ。

♂1♀6子供12。

一番の大所帯です。



マレーハコガメ4匹。

好きなカメなんですが、水に依存が高いので観察しにくいです。



フロリダスティンクポットのアダルト♀。

ウメとサクラです。

♂がいないので繁殖はできません、最初はペア飼いだったのですが何故か♂だけに旅立たれ…。

未亡亀2匹です。

もう入荷の見込みが無いので繁殖はあきらめました。



リクガメ団、ホルスフィールドのリュウとアラブギリシャのルビー。

我が家最初のリクガメ。

リュウは現在我が家最大のリクガメです。



ホルスフィールドのデコとボコ。

甲羅のボコボコが栄養過多の影響なのかどうなのかは買った時からなのでわかりません。



アラブギリシャのクロマル。

甲羅に黒い丸模様があるのでクロマルです。

クロマルは外耳炎で通院経験があります、唯一通院経験があるリクガメです。

クロマルは買った時点では我が家最大のリクガメで唯一♂だろうと購入したアラブギリシャ、買ってからしばらくして甲羅をきれいに洗ってやったら左側に亀裂がありました。

他の3匹の♀であろうと購入したアラブギリシャが全部♂だったので♂4匹です。



ナナという名前でしたが、♂だったので弥七に改名。

ヤシチは特に何もない平均的な成長率。

食欲も平均的。



この子もガンコという名前でしたが、♂だったのでイワオに改名。

とにかく性格があらい個体でホルスだろうが何だろうが甲羅アタックしまくりです。

リクガメ達は仮冬眠してます、暖かい日には餌を食べに起きてきます。



以上カメカメ団。





あけましたトカゲ。

新年なので生き物達の紹介をしておきます。



オニプレートトカゲ♂のバーニィ。

家のブログの顔です。

♀のクリスはまだ顔を見せてくれません。



フトアゴヒゲトカゲのラル。

♂です。

玄関で番蜥蜴として活躍中。



サバンナモニターのぷにお。

ちょいと縁があって我が家に来た傷だらけのサバンナモニター。

爪がほとんどなくてぷにぷにしてるからぷにお。

只今休眠中。



レオパのキタロウ。

ハイポタンジェリンの♂。
けっこう古株。



こちらもレオパの♂、モメン。

最初は食が細くて心配したけど最近はよく食べる。



レオパ唯一の♀、ユメコ。

でも繁殖させるわけじゃないので性別はイマイチどうでも良い。



サキシマカナヘビ団、現在10匹。

内6匹は去年産まれたCB。



シナトカゲ団、♂1♀2子供3。

変なポーズはシナトカゲバスキングの伝統。



マサイヨロイトカゲ団。

現在2ペアと子供2匹。

とても神経質、人気無いのがよくわかる。



他アコンティアス4匹、イシガキトカゲペア、サキシマスベトカゲ5匹は冬眠中。




以上、トカゲ組。






プロフィール

ブリッキーヌ

Author:ブリッキーヌ
ある時は、ネイチャーガイド またある時は、トウガラシ農家またまたある時は、庭園管理人 そして、普段は爬虫類と植物をこよなく愛する三児の父。 風貌や職業から、よくアウトドア派と思われるが実はずっとRPGのレベル上げしてたいくらいのインドア派。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。