スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い。

今日の室温12度。

湿度70%。

天気は曇り。

いやぁ寒いね、おコタから動けないよ。

あ~さぶいさぶい。



寒過ぎてイグアナ採取には適した日だったそうな。

こんな寒い日でも巣穴から出てくるんだね。

イグアナも動きが鈍くなる、私も動きが鈍くなる。



もちろんバーニィは起きていません。



レフは点いていますが、あんまり意味はありません。



スポンサーサイト

誕生日。

今日の室温15度。

湿度70%。

天気は雨。

ひさしぶりに凄く寒い日です。

千葉ロッテがパレードするらしいけど野球に全く興味がないのと寒いから行かない。



今日は長女の誕生日。

何が欲しいか聞いたらポリバルーンがたくさん欲しいというのでこんなに買ってきた。

まぁ安上がりな子で助かる。

ちなみに名古屋のばあちゃんからシルバニアが送られてきているのでそのおかげなのかもね。



でもポリバルーンだけってのは親としてもアレなんで絵本を買いに本屋へ。

絵本2冊で2000円くらいの出費のつもりで行ったのにさ、こんな図鑑みつけちゃったんだよね。

3000円オーバーの5000円飛んでいきましたわ。

でも良い本よ、買ってよかった。

アリヅカコオロギたん、かわいい。



寒いので爬虫類達は全く動く気配はなし。



しっぽも見えませんわ。

しかしこの悪天候はいつまで続くのだろうか…。

Kさんすまんねぇ、1月中はやっぱ無理だわ。




ハエめ。

ひさしぶりに寒い。

生き物達も動きがなくつまらん。



アト様じゃないよ、コロッセウスだよ。

ゴキブリの動きも鈍いけど爬虫類よりはマシだね。



幼虫が死んでいた、このサイズが死ぬのは…。

去年から我が部屋で猛威をふるっているあのハエだ。



この通りハエの侵入経路はバッチリガードしているんだが…。

それでも発生するのは何故だ?

考えられるのは観察してる時に飛んできて入るしか考えられん。



そうなればのんびり観察もできんではないか、うぅ…。

観察もできないなら飼う理由なんかないもんな。

何とかしなければならんな。






ガタガター。

今日の室温18度。

湿度70%。

天気は雨。

寒い。



これでもかというくらいの強い北風が吹いている。

今日は寒い、ガタガターする。

小動物の様に震えております。



もちろんバーニィは起きていません。

室温は18度なんですが、不思議と寒い時とそう感じない時があります。

不思議。

今日は寒い方なので生き物達はおとなしいです。



しっぽだけ。





起きた。

赤い奴らが起きた。



大食らいのフェルナンデススキンク。

2匹ともお目覚めです。



1匹は餌をくれと申していますが、もう1匹はなぜか逃げていきました。

クーリング明けにはなぜかこういう個体がいますね。

神経質になっちゃう何かがあるんでしょう。



相変わらずデュビアをブンどっていきました、もう少し敬意をはらった餌のもらい方はできないもんでしょうか(笑)。

もう1匹の為に一応弱ったデュビアを置いておきました。



デュビタン。

我が家の餌の要、デュビア。



実際餌になるよりもたくさんの子を産み寿命により死んでいく個体がほとんどなんだけどね。



現在は冬なので爬虫類の餌もほとんどいらない、デュビアもゆっくりと増えゆっくりと死んでいく生活をしています。



デュビアというかゴキブリを飼育していて一番楽しいのは餌をあげる時。

いや実はそれ以上に活発化する時があります。



それは霧吹きをした時、乾燥飼育をしていてもやはりたまに霧吹きはしてやります。

水に群がる大量のゴキブリは見事なもんです。

テンション上がります。


ヒヒヒ。





羽はえた。

今日の室温20度。

湿度70%。

天気は雨のち曇り時々晴れ。



なんともぬるい感じの石垣島、寒くもなく暖かくもなくぬるい。

まだまだ雨はやまず、いつから雨ばかりなのかと考えると憂鬱でございます。



今日はぬるいのでバーニィが起きています。

しかし雨降りなのでお日様ではなくレフでバスキング中。



バーニィくんが上を向いて動きません。

なぜか…。



毎度お馴染みのこういう事です。

ひさしぶりにデュビアに反応してますな。



バーニィ飛行形態。



エンジン始動。





また沼地。

今日の室温18度。

湿度70%。

天気は曇り時々雨。



ま~たようけ降ったもんじゃ~。

やっと渇き始めたのに沼地に逆戻り、あ~あ。



バーニィは今日も起きてきません。

気温はそんなに低くないけどね、やっぱりお日様が関係してんのかな。



ひさしぶりのしっぽだけ。

他の生き物達も今日は起きていません、レフは点いているのにつまんない。

まだ冬だと思い知らされました。





話変わるけどさ、パラノーマルアクティビティって続編でるらしいね。

でもアレ、ウンコ映画だったけど大丈夫かね。

お布団かぶらないと怖くて見えないくらいの見たいな。





とにかく寝る。

クーリングが終わったとはいえ、暖かい日ばかりではない石垣島。



彼は起きません。



サバンナモニターのぷにおです。



お~い、生きてるか?



ぬくぬく。



いつまで寝てるんだろう…。

さすがにちょっと心配になってきたぞ。




冬ドミノ。

冬になり静かになってしまったドミノローチ飼育ケース。



あれだけたくさんいた成虫もほとんど死んでしまいました。



そのかわりに去年とは比べものにならないほどの卵鞘。

これからチビが生まれてきたら…。



すでにかなりの数の幼虫はいます。

コロコロしていてかわいいっす。



数少ない♀成虫の生き残り。

羽の色を見るとそれほど長い時間は残っていないようだけど、まだ卵鞘を持ってるだろうね。



実はハマダンゴを全滅に追い込んだハエが発生しているんです、床材を換えたいけど幼虫の孵化にウンコなどが関係してるかもと考えると踏み出せない…。

でも、このハエを抱えたくないのでやっぱり床材全換えしようかな。



病院へ。

今日の室温19度。

湿度70%。

天気は曇り時々晴れ。



モジャモジャ犬セイちゃんの血尿が治らないので、遂に病院でレントゲン写真を撮ることになった。

てっきり麻酔をかけて撮るのかと思っていたが、押さえつけて撮るそうだ。

麻酔はかなり心配だったのでとりあえず良かった。



今朝のバーニィは寝坊助。



しっぽだけかと思ったけど…。



8時頃にお日様が顔を出すと起きてきました。

でもあんまり気温が上がらないので餌はやめておきましょう。




渦巻き。

ひさしぶりにブルーオオヤスデを探してみる事にしたよ。



冬になってからブルーオオヤスデは全く出てきません。

少し心配です。



UFOダンゴムシモドキは相変わらず絶好調で繁殖しております。

ものすごい数います。



真ん中のでかい朽ち木をどかしてみると、いましたブルーオオヤスデです。

生きていました。



少し大きくなった渦巻き。

今年の夏はもっと成長するのかな、楽しみだな。




女神様。

ブラベルスアトロポスです。



アト様は導入後から順調に繁殖してくれ、もう次世代がたくさんいるので安心です。

ただ冬になり親達はほとんどお亡くなりになりました。



残り少ない成虫と幼虫。

アト様の幼虫も美しいですね。



暖かい日には餌に群がる幼虫達。

コロコロとしてかわいいですな。

成虫になるのは若夏の頃くらいかな。





18度。

今日の室温17度。

湿度70%。

天気は曇り時々晴れ。



朝は寒かったからヒートテックなる暖かグッズを付けてきたが、晴れてくるわ肉体労働だわですぐに脱いだ。

寒い日にはありがたいものだけどさ、脱ぎづらいのがイマイチだね。



バーニィが出てきません。

彼が起きるかどうかは、気温18度がどうやら境界みたいだね。



ひさしぶりのしっぽだけ。

まだ1月だから寒いのは珍しいもんじゃないよ。




気を付けねば。

家の庭にでも職場にでもいるコシビロダンゴムシ。



先日tさんのブログで紹介してもらったけど、その昔大量に繁殖した事がある。



あの時はわんさと餌を与えていたら床材も見えないくらいになっちゃった。

しかしそんな状態を維持するのは難しく、真逆の全滅という結末となった。



今回で何回目の飼育になるかわからないけど、今回はうまくバランスがとれていると思う。

しかし、最近部屋に暖が入ったからか大量のチビが生まれてきた。



この子達が成体となる頃にどうやってバランスをとるかが上手く飼うコツなんだと思うんだ。

ダンゴムシやワラジムシの飼育は環境をどう作るかが一番楽しい。

簡略化した飼育方法は学者や研究者がすれば良い。

飼育者は楽しむのだ。




難しい。

去年の暮れに生まれたサキシマキノボリトカゲの赤ちゃん。



やはり難しいです、1匹は残念ながら死んでしまいました。

まずその理由として、餌を食べるのが下手くそ。



前に入れておいた餌蟲達がこんなに成長していました。

とにかく下手です。



再びレッド初齢を投入しました。

ピンセットからは食べてくれないので、潰すわけにはいきません。



頑張っておくれよ、チビちゃん。

春はすぐそこだよ。




あと半年だってさ。

今日の室温20度。

湿度70%。

天気は曇り。



冬場ならではの強い北風が戻ってきた石垣島です。

今日は朝からラジオで完全地デジ化まで半年と何回も聞いた。

もう地デジ化済んでる家だけど、凄く強い北風や原付が通ったりすると画面がちらつきます。

この前は嵐のような天気になり全く映らなくなりました、その時は衛星放送の方がはっきり映りました。

地デジってこんなもんなんかね、それとも田舎だからかな?

コールセンターとか電話してもそちらは電波弱いですね~で済まされそうだしな。

まぁ、テレビはあんまり緊急時に役立つもんじゃないからいいんだけどね。



バーニィくん、今日はレフバスキング。



外は寒いですが、室内は昨日の暖かさが残っています。





剥く。

シュナイダースキンクの陽なたぼっこ。



クーリング明けだからできるだけお日様にあててやりたい。



気持ちよさそうです。



毎年の事だけど冬は脱皮不全が酷い。

このまま風呂にいれて剥く事にした。



入浴中~。

ふやけたかな?



おし、剥こう。



剥き剥き。

なかなかしつこいなぁ。



剥き終わったら再びバスキング。

そのまま午前中いっぱいお日様を浴びました。



くれくれ。

突然の突進。



クーリング明けてからずいぶんと人懐こいシナトカゲの♀。

♀の中の1匹だけやたらと物怖じしない。

♂ともう1匹の♀は相変わらず。

それにしてもシナの赤いラインはカッコいいなぁ。



この♀はゴキブリが欲しがってるのね、でも今日は餌の日です。

お野菜も食べなさい。



あ、♂が♀を追っ払いました。

やはり♂は強いみたいです。



でも♂もすぐにどこかに行くのでまた食べられます。

結局これの繰り返しになるのです。



また追いかけっこしてる。

たくさんあるから落ち着いて食べればいいのにね。

どうせ残すのに満腹になるまでにぎやかに追いかけっこは続くのです。






晴れ間。

今日の室温20度。

湿度70%。

天気は晴れのち曇り。



午前中はお日様が顔を出していたので、爬虫類達は気持ちよさそうにバスキングしていました。

濡れてもいない風で傷んでもいないハイビスカスはひさしぶりに見る気がします。

でもこの天気はまたくずれてしまうそうです。



バスキングバーニィ。



今日は暖かくなったから餌を食べましょうか。

きちんとバナナかってきたからよ。



あら、あんまり食欲がないみたいだねぇ。

この後、クリスも出てきて少しだけ食べていました。





俊敏。

おひさ~。



おや、ユメコも目が覚めたみたいです。



腹減ったね?

ご飯食べるね?

デュビアを差し出すと…。



アイッ!!



早いよ。

びっくりするやない。



で、どこ持ってくのよ。



卵パック。

レッドローチのシェルターがボロボロになってきた。



多湿系はすぐシェルターがダメになるね。

まぁしょうがないか。



もらっておいた卵パックの出番だ。



持ち上げただけでグズグズになっちゃった。

中に入っているチビが出しにくいです。



交換完了っす。

いや~、気分がいいね。



早くも満室です。




甘党。

今日の室温20度。

湿度70%。

天気は曇り。



今日の昼飯、ホワイトロリータ!

とコーヒー。

チビが取りに来ないから独り占めだ、ひひひ。

バームロールも持ってこれば良かったな。

あまあま。

幸せ。



バーニィがだいぶ私に反応するようになってきたので、デュビアをあげてみる事にしました。



幼虫をあげたら反応は遅いものの食べました。



もう1匹成体をと差し出すとプイとそっぽを向いてしまいました。

今日はちょっと肌寒いからかな?




色が違う。

部屋に電気を点けていられるので、のんびりワラワラ蟲を眺めていられるようになりました。



ゴキブリにしてもダンゴムシにしてもただ眺めているだけなら爬虫類よりも蟲の方が好きなのかもしれません。

自分の飼育している生き物に優劣をつけるのは問題ですけどね。

「眺めているなら」の話です。



これは畑の堆肥置場から採取したおそらくクマワラジムシ。

何だかピンク色の個体が目立つ。

もう1つの幼稚園駐車場採取組はグレーの普通の体色がほとんどだからやはり個体群の特徴なのかな。



ちなみにこちらは餌には利用しておらず、ただただ繁殖していただいとります。

ピンクのだけを集めたら固定できちゃったりするのかな?

なんて考えてみたりするが、需要ないかな(笑)。





足りない。

クーリングを終わり暖かくなったので、彼らにも餌やりをしました。



ウキガエルです。

しかし9匹のはずが何度数えても7匹しかいません。

見えないのはアカメちゃんとノーマルの2匹。

まさか…。



フトセンは生きています、写真は撮れませんでしたがまず死にそうなガリチビも生きています。

でも死体も浮いてません。



するとプカリとアカメが浮いてきました。

いつも真っ先に餌を食べに来るのになぜこんな事をするのか…。

心配したぞ。



もちろんノーマルも生きていました。

無事全員冬越ししました。

良かった良かった。






まただな~。

今日の室温20度。

湿度70%。

天気は雨。

ま~た雨降り。



しかもとても雨降り。

地面ズボズボ。

気温もだいぶ下がり、少し肌寒いです。



室内の気温は昨日の暖かさが残り、過ごしやすい気温。



バーニィものんびりバスキングしてます。

それにしても晴れが続きませんなぁ。






イグアナ探訪。

昨日の記事に書いていた楽しかった事とは何か。



それはイグアナ探し。

昨日はまるで若夏のような気候だったので、気持ち良く遊べました。

私はお給料もらわないから遊びね。



前回は双眼鏡で見て1匹だけだったので、今回こそは間近で見たい。

その願いは見事にかない、3匹のイグアナに出会えました。

じつは写真の中にいます、100%みつけるのは不可能ですので探さないでね。



わ~い。

イグアナは帰化動物なのでもちろん捕獲します。



顔。

♀だけどカッコいいです、♂はもっとカッコいいそうな。

ペットショップの連中とは風格が違います。



気高きワイルドのたくましい腕。

マッチョすなぁ。

帰化動物でありがたくない存在とはいえ、ワイルドのイグアナを見れる環境なんて日本では間違いなく石垣島だけ。

爬虫類好きとしてはかなり嬉しい。



この後みつけた2匹は残念ながら捕獲ならず。

しかしながら少しだけ探すコツがわかったような気がします。

ただ浜を歩くだけでも海浜植物好きな私には楽しい事なので、昨日は実に充実した1日でした。

誘ってくださったYさんに感謝。


ひさしぶりフィールド。

ひさしぶりのフィールド報告。

とはいってもお仕事ついででしたので、どっぷり遊んだりはしていません。

Kさん、きちんと仕事はしてますからご安心を。



おとついの夜の報告になります、この日は帰宅が真夜中だったし昨日はくたびれて寝てしまったからね。

何か知らんけどきれいな蛾。



仕事をしながらなのでそんなに珍しい生きものには出会わなかったけどオオハナサキガエルがいました。

でかい個体です。



長靴と比較。

このサイズでアカガエルらしい動きをします。



なかなか肝の座った個体でゆっくり写真も撮らせてくれました。

携帯なのでかなりの接写なんだけどね。

後ろ足にはヌマガエルと同じような模様。

この個体はうっすら緑色の茶色タイプ。



サワガニやヤマガニがこの日はたくさんいました。

カニってカッコいいと思うのよ、飼うのは難しそうだけどね。



冬のカエルといえばのヤエヤマアオガエル。

かわいいですなぁ。



この時期の山はヤエヤマアオガエルとアイフィンガーの大合唱です。

静かに聞いているだけなら素晴らしい声ですが、現在している仕事にははっきりと邪魔。

良い声なんだけど邪魔、複雑なのだ。

この日は暖かかったからたくさん生きものがいましたが、ゴキブリ達はまだ少なかったです。

早く夏にならないかな~。






楽しいなぁ。

今日の室温22度。

湿度80%。

天気は曇り。

暑い、半袖で活動中。



まだ一番寒い2月が来るんだけど、あまりの暖かさにみんな活動し始めました。



ひさしぶりに生きものの世話で大忙しです。

やっぱり世話するのは楽しいなぁ。

幸せ。



餌の状態を見たら少しだけ食べたみたいです。



最初の餌だからね、そんなもんでしょう。

忘れないうちにバナナ買ってこないといかんね。






目覚めるカメ。

本格的な目覚めにはまだ少し早いけど、今日の暖かさにリクガメ達が起きてきた。

アラブギリシャに冬眠はダメと言われていたけど、石垣島のレベルなら体力次第で問題はないみたいだ。



無愛想なガンスケくん。

なかなか良い顔に育った。



ただ甲羅に関してはでこぼこで美しくはない。

でも武骨な感じがして私は嫌いじゃないな。

全く同じ餌と環境で育てても甲羅に違いがかなりある、これはもう個性みたいなもんだと思う。



ナナはガンスケよりも寝坊助、一律ではない自由気まま。

一番最後にナナは起きてきました。



ツルリとしたいわゆる美しい育ち方をしたルビー。

理想的な美しさは確かに理解できる。



最後は唯一通院経験のあるリクガメのクロマルくん。

薬を飲ませたりしたからか、一番愛想の良い子だ。



購入時から入っていた甲羅のヒビもあまり目立たなくなった。

手のかかる子ほどかわいいもんでクロマルはとても気になる子。



今日は美味しい餌をたっぷりあげました。

ほんの少しの晴れ間、元気なリクガメを見れて良かったです。




プロフィール

ブリッキーヌ

Author:ブリッキーヌ
ある時は、ネイチャーガイド またある時は、トウガラシ農家またまたある時は、庭園管理人 そして、普段は爬虫類と植物をこよなく愛する三児の父。 風貌や職業から、よくアウトドア派と思われるが実はずっとRPGのレベル上げしてたいくらいのインドア派。
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。